住宅ローンのシュミレーションで慎重に

おはよーぐると。
今日の天気は意外といい天気です。

なので、今日は12時から葵といっしょに動物園に行こうと思います。

途中で通る荒川区に行きつけのお店があったら、そこで食べようと思います。
スタミナ チゲ汁やすき煮風白菜鍋も候補としては捨てがたいな。

こう見えて結構グルメなのです。

ただ目的地が駅から遠く、結構歩くと思うので、小腹が減る予感がしてます。
事前にコンビニでチョコ太郎とチョコレートを用意しておいた方がいいですね。

いやー今から楽しみです。
いい天気が続くといいなあ。
雨降りにならないでほしい。

さてさて、住宅ローンですが、

生活習慣や資金繰りなど自分たちの将来を考えて、選ぶときは慎重になったほうが良いでしょう。

金利は住宅ローンの場合、5年おきに見直してローンの内容を変更出来るものなど、固定金利と住宅ローンの変動金利の他にもあるといいます。

金利の種類は住宅ローンの場合、借り入れをする銀行によって異なります。

銀行なども住宅ローンを組む予定のところを、いくつか比較して検討したほうが良いでしょう。

気軽に銀行や他の金融機関などの住宅ローンの住宅ローンの変動金利、固定金利などを比較検討できるサイトなども最近はあるといいます。

住宅ローンの比較サイトの中には返済シュミレーションが出来るサービスもあるので利用してみましょう。

比較サイトなどから自分の気に入った銀行をいくつか選んで、住宅ローンの条件などを問い合わせをしてみましょう。

住宅ローンの変動金利、固定金利それぞれの住宅ローンの返済シュミレーションをしてみることが家を購入する時の第一歩になります。住宅ローン借り換えランキング

東海ろうきんと長期優良住宅のローン減税

住宅ローン減税をきっかけに家の購入を考えるのであれば、ぜひ長期優良住宅の購入も検討してみてください。長期有料住宅であれば住宅ローン減税の恩恵を最大に受けられることができます。またの名を200年住宅と呼称されるほど、長期優良住宅は長期間の使用に持ちこたえる家屋です。

耐震性はもちろんのこと、省エネやバリアフリーなども考えた、いわゆる一つ上をいく家です。毎月少しずつ返済していけば現実的な返済プランが立てられますし、住宅ローン減税による後押しもあります。住宅ローン減税の控除額は条件によりますが、最も控除額の高い600万円は前提として長期優良住宅で平成22年度の購入物件に限ります。

一般の住宅では最大500万円となっています。税率も一般住宅では1%ですが、長期優良住宅では平成21年からの3年間は1.2%とこちらもお得になっています。いくつか基準があるので、クリアしなくてはなりませんが、長期優良住宅は国も建築を推進しています。高齢者は増加の一途を辿り、大地震がいつどこで起きてもおかしくないこの国では、バリアフリーや耐震設備を整えた住宅に住むことは大きな意味を持ちます。

住宅ローン減税の特別優遇も、これから新築する家はできるだけ長期優良住宅にしてほしい国からの願いでもあるのです。