住宅ローン借り換え審査が甘いのは大丈夫?

評判の住宅ローン借り換え重要ポイント

住宅ローンを選ぶ際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が手軽で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減っていきます。

結果として総支払額が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや返済可能額が一円以上だと行いやすいですよね。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなってしまっては本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでお得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えにはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、返済総額を抑えられることなどがメリットとして挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の銀行で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

メリット・デメリットを確認して借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がいらないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがそうすると月々の返済額が高くなります。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと住宅ローン借り換える方もいます。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも転職をして年収が下がってしまった場合や住宅ローン以外に車や教育ローンなど複数のローンを抱えている場合も危険です。

こういったことがあるので1度通ったからと安心しないようにしましょう。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

他にはカードローンを新たに利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

評判の住宅ローン借り換えで安くなる

住宅ローンを契約した際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットで今よりも得することを考えると今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行機関でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが新築時にローンが組めたから借り換え審査も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換え審査が通らないこともあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだったカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他にはカードローンを新たに利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと労力を比べて行わないという決断もありです。

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換えを行なっても継続できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという条件と借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなのでほとんどの場合で適用可能なことが多いです。

住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば可能です。

しかし銀行側では年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額に関係してきます。

当たり前のことですが自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。