住宅ローン借り換え審査が甘いという2ch情報まとめ

評判の住宅ローン借り換え審査中

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行のwebサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行選びです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローン借り換えを行うにあたり様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選べるローンもあります。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになってローンが残っている住宅と転勤先の賃貸料の二重支払いになってきついので金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ借り換えが出来ないかというと、住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからない・組めないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。

住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの申し込み審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

1度組んだ住宅ローンを別の住宅ローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申し込み時よりも物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利の部分だけを見ると変動の方が低くなっていることも多いです。

変動というふうに記載されているように金利が定期的に変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、完済までの計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

評判の住宅ローン借り換えおすすめ銀行

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上、何度でも借り換えを行なえます。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、多い人でも2、3回が限界と言われています。

正直な話、ベストな時期は誰にもわかりません。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

その理由としては住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

そのため、借り換えを考えている方は借り換えメリットを確認してから行動しましょう。

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という「現在自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によって個人別にローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫する可能性があります。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

現在借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと確認することです。

例えば、返済総額を抑えられることなどがメリットとして挙げられますがローンの借り換えとは現在とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な登記などの諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった金利以外の面も含めて総合的に考えるべきです。

また、借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がいらないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。