本当に住宅ローン借り換え審査の甘いは悪いのか?

評判の住宅ローン借り換え注意点

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動制では多くの期間で半年ごとに金利が変わり社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う人の多くは変動制を選択する方が多いようです。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年間などの期間が借りられた固定制というものもあります。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初年度に住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に我々が借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

最近、ネットバンクなどを中心に非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを勧められる人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと借り換え前のローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているので借り換え時に単独名義になる時に発生します。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や銀行機関に相談してください。

場合によっては、借り換えを行なって受けられるメリットと贈与税の負担を比べて借り換えを行わないほうがいい場合もあります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除はどうなるのでしょうか。

結論としては可能です。

住宅ローン控除では10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付されます。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることや控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることやその理由としてはローン控除では1%の所得税が還付されるのでローン控除では1%が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが1度組めたから借り換え審査も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、場合によっては借り換えの審査に落ちることもあります。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時よりも物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行に話す必要はないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

3回も行えば十分低金利なところからkリテいる形になるからです。

答えとしてはベストな時期は誰にもわかりません。

その理由としては住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

評判の住宅ローン借り換え最近の動向

最近、ネット銀行などでは非常に低い金利を設定している場合があるので、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合に注意が必要かというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務の借り換えを行う場合は金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や銀行機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

様々なローンの利用を考える際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利の部分だけを見ると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、完済までの計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

皆さんは住宅ローンを組む際に頭金を支払いましたか?中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんがその場合、毎月の返済額が高くなります。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを行う人もいます。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

どういったときに審査に落ちるかというと物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

年収や職場が変わらなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

借り換えの際には新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

具体的に考えてみましょう。

ひとつ目は保証料がかからないことです。

他のメリットとしては、繰上げ返済が簡単なことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。

例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料は60万円以上かかる計算になります。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりも物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

そのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットで今よりも得することを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際の判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って計算してみたら30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。