減税の確定申告と「年末調整」の関係とは?

あなたもご存知かと思いますが、サラリーマンには年末調整がありますよね。
この年末調整と確定申告について考えてみましょう。
まず、年末調整とは、何でしょう!?サラリーマンの給料の特徴に、毎月の給料から税金が引かれていると言うことがあります。
言い換えると、これはつまり、その年の所得税を前払いしていることになります。
その為、年末の12月になると、実績収入と予想収入の差が出ます。
これを補正するのが「年末調整」と言うことになります。
年末調整でお金が戻ると、何となく得した気分になりますよね。
(笑顔)しかし、これは払い過ぎていたものを返してもらっただけのことです。
得でもなんでもないと言うことになります。
給料から天引きされている所得税については、年末調整によって完了します。
サラリーマンが確定申告をしないのは、給料天引きにより所得税を前払いしています。
■会社の給料明細に書かれていない部分の収入などがある場合は、確定申告が必要です。
また、医療費控除、住宅ローン控除も同じです。
これも確定申告が必要です。
あと、税制改革の度にサラリーマンと自営業者の不公平感が指摘されますよね。
(汗)何故サラリーマンだけが前払いしなければならないのか!?これは不満になります。
最もなことですよね。
しかし、それは多くの人が望まない事かもしれませんね。
(汗)確定申告が面倒と言うことがあるからです。
(汗)