引っ越したら嫌でもプロバイダーの乗り換えをしないといけなくなりました

住居を移転したら、転居先の住居がフレッツ光しか利用できませんでした。
かねてから使用していた通信会社を引き続き利用したかったのですが、別の選択肢がなく、用いることにしました。
月に一度のことなので以前の倍の値段の負担が辛いです。
光回線を申し込もうとする時、回線の速度が速いと耳にしてもあんまりイメージが浮かばないものです。
しかし、現実に使ってみると、早いという感じはしなかったとしても、遅い場合は強いストレスを感じます。
常にどのくらいのスピードであれば自分が心地よく利用できるのか把握しておかないといけないと実感じます。
フレッツwi-fiが繋がらない場合には、一回すべての装置の電源を消してみて最初から接続をもう一度してみるとできるかもしれません。
それをしても接続できない時には初期設定を丁寧に見直してみます。
カスタマーサービスに聞いてみれば分かりやすく教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが玉にキズです。
プロバイダにネット接続できない場合に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定をよく見ても、何も問題がない場合には、接続Idやパスワードに誤りが無いか、再確認してみます。
数字のゼロとアルファベットのオーの間違いのように間違えやすい文字や記号があるからです。
それでもつながらなかったら、プロバイダに問い合わせをしてください。
wimaxの申し込みをする場合に不安に思ったのは、回線の早さのことでした。
無線の為、自分が暮らしている環境にずいぶん影響されるのではないかと感じたからです。
本契約以前のお試しで使ってみて実際の速度を確かめることができました。
十分な早さだったので、即時契約しました。